ピタヤ(ドラゴンフルーツ)

ピタヤの画像

ピタヤ(ドラゴンフルーツ)の栄養価とその効果が、今女性の間でかなり話題になっています。有名人などが、こぞってピタヤを食べ始めたことで世の中の美や健康に興味がある人達が、ピタヤを求め始めました。

それでは、一体それほどまでに人々を魅了するピタヤとはどんなフルーツなのか、一度しっかりと基本情報を頭に入れてみませんか?

そもそもピタヤってなに?

近頃は珍しい果物もたくさん販売されるようになり、ドラゴンフルーツも店頭で見かける事が出来るようになりました。そのため、通称として呼ばれていたドラゴンフルーツという名前の方が、馴染みのある感覚になっています。

ピタヤは熱帯地域で生息しており、よく目にするのはピンク色をした派手な見た目のピタヤかと思います。中には白っぽいものや黄色をしたピタヤもありますが、一般的に流通しているのはピンク色のピタヤが多いです。

注目されている理由

ピタヤに含まれている「ベタシアニン」という抗酸化作用をもった成分が、とても優れているということで、注目されるようになりました。その他にも、葉酸などがふくまれており、多くの女性がアサイーの次はピタヤだ!と言わんばかりに、注目しています。

主な含有成分

ベタシアニン、マグネシウム、カリウム、葉酸、鉄分、食物繊維などが主な成分です。

ピタヤの効果

便秘解消

ピタヤに含まれる水溶性食物繊維の作用によって、腸内環境を整えることができます。その結果、便秘解消効果を得る事ができるのです。さらに便通がスムーズになる事で、ダイエット効果も実感できるようになります。

食物繊維が水分を吸って最大で10倍にまで膨らみますので、暴食を防ぐことができますのでダイエットの補助にもなるでしょう。

アンチエイジング

アントシアニンと、ベタシアニンが含まれており、とても強い抗酸化作用をもたらしてくれます。体の中のサビを抗酸化作用で除去していくことができますので、その結果体の中がキレイになっていきます。細胞も新しく生まれ変わりますので、若さをキープすることが可能になります。

また、抗酸化作用で若さだけではなく健康を手に入れることができますので、とても優れた効果だと思っていいでしょう。

ピタヤの食べ方

ピタヤを買ってきてそのまま食べるのが1番簡単ではあります。しかし手に入らないと言う人は、最近人気があるピタヤボウルをカフェなどで食べるという手もあります。

その他にも、加工されてピューレ状になったものなどを購入して、スムージーに入れたり自分でピタヤボウルを作ったりしてもいいでしょう!